都立入試当日の時間割と休憩時間の過ごし方

都立入試当日の時間割は、模試の時とは違います。

その休憩時間中の過ごし方次第で結果に影響するといえるでしょう。

時間割の確認と、休憩時間の使い方をお伝えします。

※2021年入試は休憩時間が20分⇒30分に変更となったので特に重要です。

当日に使えるメモは教材倉庫にあるので見てみてください。

教材倉庫

都立入試当日の時間割

受験票にも書いてありますが、念のため確認です。

開始~終了時刻時間教科
集合8:30  
第1時限9:00 ~ 9:5050分国語
第2時限10:10 ~ 11:0050分数学
第3時限11:20 ~ 12:1050分英語
昼食
第4時限13:10 ~ 14:0050分社会
第5時限14:20 ~ 15:1050分理科

1科目のテスト時間は50分ですが、休憩時間は20分あります。

また、昼食をとるためのお昼休憩が1時間あります。

模試を経験していても、この時間割で過ごしたことはないですよね。

この20分休憩はあっという間です。

過ごし方をイメージしておかないと、当日使える時間が多いと錯覚して慌ててしまうことになります。

開始~終了時刻時間教科
集合8:30  
第1時限9:00 ~ 9:5050分国語
第2時限10:20 ~ 11:1050分数学
第3時限11:40 ~ 12:3050分英語
昼食
第4時限13:30 ~ 14:2050分社会
第5時限14:50 ~ 15:4050分理科

1科目のテスト時間は50分で変更ありませんが、休憩時間は30分になりました。

換気などを行うためですね。

昼食をとるためのお昼休憩が1時間あります。

模試を経験していても、この時間割で過ごしたことはないですよね。

30分の休憩時間は集中力が切れやすいです。

過ごし方をイメージしておかないと、当日使える時間が多いと錯覚して慌ててしまうことになります。

集合~第1時限までの過ごし方

入試会場に集合して、試験を受ける席を見つけてからの動きです。

まずはトイレの位置を確認しましょう。

休憩時間に行くためには、最短距離を把握していないといけません。

確認が終わったら筆記用具を準備してください。

手に馴染んだ使いやすい筆記用具と、予備も机の上に置きましょう。

また、念のため机の中に物が入っていたり落書きされたりしていないか確認してください。

テスト後の休憩時間ですること

テスト中は途中退室ができません。

なので、終わった後に行きたい気持ちがなくても念のためトイレに行くようにしてください。

緊張しているために感覚が鈍感になっているだけかもしれません。

また、タイミングによってはトイレがとても混んでいる場合があります。

体調に問題がなくなったら、次の科目の準備をしてください。

次が数学であればコンパスと定規を出しておきましょう。

また、今まで勉強してきたまとめノートがあれば最後の復習の時間をとります。

重要語句や公式の確認をしてください。

昼休憩にする事

お昼の時間はまずお弁当を食べてから復習の時間をとります。

最後の勉強をしたい気持ちもわかりますが、まずは体制を整えてからの方が効果があります。

食べ過ぎると眠くなるので要注意です。

また、しつこいですがトイレには必ず行ってください。

みんな行くので早くいかないと混みます。

遅くともテスト開始15分前にはいくようにした方がいいですね。

絶対にしてはいけないこと。

復習の時間を取るときは、問題は絶対に解いてはいけません。

その時解けなかった場合、不安なまま次の教科に臨むことになります。

なので、重要語句や公式の再確認だけにしましょう。

また、絶対に終わった科目の答え確認などはしてはいけません。

時間が勿体無いですし、もしも間違っていたらショックを引きずって次の科目に影響が出ます。

お昼休憩の間も、友達と話すことはあっても答えの確認は避けましょう。

まとめ

休憩時間の過ごし方は何より次の時間の準備が最優先です。

トイレに行ったり、最後の復習の時間とったりする時間を必ずとりましょう。

20分はあっという間です。

終わった時間を見直すよりも、先のことに注意を向けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です