【全員合格】都立普通科で必ず合格できる高校

毎年都立高校の受験者数は落ちています。

工業科や商業科などの専門の学校は倍率が1.0倍以下(受験者全員合格)になることが多々あります。

一部の都立高校普通科高校でも倍率1.0倍の高校が増えてきました。

ここでは受験した人が全員合格したことのある学校をまとめてあります。

「どこでもいいからとにかく都立高校」という人もいると思うので、志望校選びの参考にしてみてください。

全入の都立高校一覧

ここでまとめてあるのは、平成27年度から平成31年度までに1.0倍となったことがある高校です。

1.0倍を割っている高校は例年1.0倍~1.2倍程度です。

つまり1.0倍を割ったことがある高校は、例年合格しやすい高校と言えます。

学区別にまとめてあるので気になるところを見てみてください。

※旧第十学区のみ1.0倍を割った高校はありません。

性別年度学校名
男子30.31八潮
30.31大森
31蒲田
女子30大崎
30.31八潮
30.31大森
31蒲田
性別年度学校名
男子31松原
女子31松原
31深沢
性別年度学校名
男子30.31光丘
31田柄
女子28.29大泉
28富士
31田柄
性別年度学校名
男子30.31大山
女子30.31大山
性別年度学校名
男子28白鷗
27.30.31竹台
31青井
女子28白鷗
29足立
30.31竹台
性別年度学校名
男子29両国
女子29両国
31葛西南
性別年度学校名
男子30.31山崎
31野津田
女子27.30.31山崎
31野津田
性別年度学校名
男子31羽村
30多摩
女子31拝島
30多摩
30.31秋留台
性別年度学校名
男子30東村山西

なし

まとめ

普通科でも1.0倍を割るのは、通いやすさや人気度が影響していることが多いです。

最終的には自分が3年間通い続けられるかが重要です。

倍率だけで選ばないようにしましょう。