都立国語を1週間で10点上げる方法

国語は【漢字】【作文】【物語文/説明文/古典】で分類します。

その中でも文章問題は配点が高いので狙い目です。

まずは国語の傾向と勉強方法は確認しておいてください。

都立入試国語の勉強方法

必須で覚える漢字

過去問で出題された漢字は読み書き両方とも覚えてください。

過去20年の間に漢字の問題はどちらも再出題されるものがあります。

特に8~10年前程度のものがでるので、優先順位の目安にしましょう。

合格したければ、過去問の漢字は暗記必須です。

作文

作文は以下のことを守れば5点になります。

①文章は160字以上。
②自信のない漢字はひらがなで書。
③「私は〇年生の時に〇〇した」から始める。
④「筆者は□□と言っている」と書く。
⑤「私はその意見に賛成だ。なぜなら~」でまとめ。
⑥以上の③④⑤を段落を分けて書く。

作文はまず160字以上書けて10点、それ以下は0点です。

そこから誤字脱字や内容で減点される方式で採点します。

さらに採点の基準として特に③④⑤のことが書かれているかを見られます。

この言葉があれば点数は低くても0点は避けられるので書きましょう。

また、作者の意見を探すには以下の言葉のある段落に注目です。

【つまり/~だといえる/なぜなら/考える】

文章問題の場合は

物語文、説明文、古典の問題の基本は選択問題です。

国語の選択問題では以下の点に注目して絞れるようにしてください。

①傍線部が引かれている文の近く2~3行目を見る。

②まずは各選択肢の後半の文で消去する。

これだけで2択問題にでき、正解率も上がります。

詳しくは国語の勉強方法を見てください。

都立入試国語の勉強方法

まとめ

国語は年度ごと問題文の読みやすさで難易度が変わります。

安定して得点できるのは漢字と作文なので、ここは落とさないように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です