都立国語大問5⃣古文漢文のコツ

大問5⃣は古文・漢文について現代語で書かれた鑑賞文です。

そうと聞くと勉強しにくそうですが、都立の古文漢文は他県の入試とは違い簡単です。

大問1⃣2⃣の漢字を終えた後に解き始める人もいます。

ここでは勉強方法と解き方をまとめたので実践してみてください。

大問5⃣の傾向とポイント

例年、選択肢4択5問×5点の25点配点問題です。

古典に関する文章が出されますが、必ず現代語訳がついています。

古典の文と現代の文を見比べながら解いていく問題です。

古文漢文は学校の授業でもあまり触れないので、文章自体は難しく感じるかもしれません。

ですが、構成としては古文漢文とそれについての会話進んでいくだけです。

繰り返し読めば文章構造に慣れて得点源にすることもできます。

古文漢文の解き方のコツ

問題のパターンは以下の2つです。

①「〇〇とあるが~」の言葉の意味に合うものを選ぶ

②古文の文章の内容が指している内容に適したものを選ぶ。

これ以外の問題は例年出題されていません。

記述の問題が出た年がありましたが、マークシートになってからなくなりました。

言葉の意味に合うものを選ぶ

これは意味を知っていれば問題ないですね。

もし意味を知らなければ、その傍線部の言葉に選択肢の言葉を入れてください。

文の意味に違和感がなければそれが正解の選択肢です。

傍線部の言葉が指している内容について

都立の古典は古文漢文の文章を自体を読める必要性はありません。

傍線部の言葉と、文章同士を照らし合わせて考えます。

つまり現代語訳と見比べてどことどこに一致しているかを見極めるのです。

まとめ

基本的には大問4⃣の説明的文章と解き方は一緒です。

傍線部の近くに必ず答えの要素が書いてあります。

他県の過去問などにもない形式なので初めは苦労すると思います。

なのでまずは過去問を解いて問題の形式に慣れましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です