都立国語大問1⃣2⃣漢字のコツ

漢字の読み書き20点はぜひとも取りたいところです。

しかし、読みはよくても書きが苦手な人は多いですね。

でも、書きは思っている以上に簡単なものしか出ません。

読みも含めてどんな感じを練習すればいいかまとめたので必ず見ておいてください。

こちらに都立の漢字の過去問と、最低限覚えるべき漢字を置いております。

スマホでも見れるので使ってみてください。

都立国語の傾向とポイント

都立入試の漢字は毎年書き5問読み5問で合計10問×2点の20点分です。

結論から言うと、漢字の問題はかなり易しくできています。

書きは漢検5級(小学生範囲)までしか出ません。

逆に読みは準2級(高校1年)まで出ます。

なのでまずは書きの練習を漢検5級の本を使ってやっておくといいでしょう。

【重要】過去に出た漢字は暗記必須

よく「過去に出題された漢字は出るはずないから練習しない」という人がいます。

これは間違いです。

漢字は過去に出たものは再び問題になります。

2020年の入試に至っては、過去に出された漢字だけで半分以上出題されました。

今まで出題された読みと書きの漢字は以下の通りです。

読みの問題

書きの問題

循環、繕う、惜敗などは過去に出たものが8~10年越しに出題されています。

つまり、8~10年越しに今まで出た漢字が再度出題される可能性があるということです。

だからこそ、暗記必須なのです。

まとめ

漢字でも傾向があるのです。

単純作業は大変ですが、勉強しないのはもったいないですね。

読みは準2級、書きは5級、過去問の問題必須で勉強するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です