【必見】チャレンジ支援で受験を乗り切る

チャレンジ支援とは、正式な名称を【受験生チャレンジ支援貸付事業】と言います。

これは塾にかかる費用を20万円まで貸し付けることができるものです。

しかも、進学すればこのお金は返さなくていいものになります。

条件など分かりにくいいう人もいるので、ここではこのチャレンジ支援について簡単な解説をまとめてみました。

勉強の機会を多く貰えるチャンスです。お見逃しなく。

受験生チャレンジ支援貸付事業とは

将来の自立に向けて意欲的に取り組む子どものための支援です。

高校や大学への進学を目指して受験に挑戦する人のためのものですね。

例えば塾に通うとお金がかかりますが、そのお金を20万円まで自治体が代わりに出してくれます。

夏期講習や冬期講習をこのお金で支払う人が多いですね。

チャレンジ支援の対象者は?

受験生である中学3年生と高校3年生が対象です。

また、高校中途退学者、高等学校卒業程度認定試験合格者、定時制高校4年生、浪人生の人も対象に含まれます。

その年に受験をする人が対象ということですね。

おうちの中で年に一度、その人一人のみに貸し付けられます。

20万円の使い道は?

20万円を貸してもらえるといっても、何に使うかを明確にしなければいけません。

以下の費用が対象になります。

①学習塾
②個別指導塾
③各種受験対策の講座
④通信講座の受講料

受験をするためにかかる費用が対象ということです。

また、高校や大学などの受験料は20万円とは別で貸して貰えます。

高校受験は27,400円、大学受験は80,000円までです。

貸付対象貸付限度額貸付の範囲
学習塾等受講料20万円(上限)対象となる学習塾等の費用
受験料(中学3年生又はこれに準じる方)2万7400円(上限)対象となる高等学校等の受験料
※4回分受験料。上限は2万3千円
受験料(高校3年生又はこれに準じる方)8万円(上限)対象となる大学等の受験料

中学3年生の時に貸付を受けて、高校3年生で再度申し込むことも可能です。

返さないといけないの?

貸付金なので、無利子ではありますが返すものとして扱われます。

が、高校・大学等へ入学して、償還免除申請書、在学証明書など、必要書類を添付して提出すると、貸付金の償還が免除となります。

つまり、進学すれば返す必要はありません。

実質20万円までの金額を貰えるということですね。

チャレンジ支援の対象者は?

受けるためには家族の人数と収入が条件に合っているかを確認しなければいけません。

①世帯の生計中心者(20歳以上)であること
②世帯収入の総収入か合計所得金額を合算した金額が一定の基準以下であること
③世帯員の預貯金等資産の保有額が600万円以下であること
④土地・建物を所有していないこと(※現在住んでいる場所は除く)
⑤生活保護受給世帯の世帯主または構成員でないこと
⑥他の公的資金の返済を滞納していないこと
⑦他の公的資金の連帯保証人になり、返済を滞納していないこと

また、②の条件は世帯人数によって変わります。

総収入/給与収入と年金収入(年間)

世帯人数1人2人3人4人5人6人
一般1,797,000円2,717,000円3,343,000円3,864,000円4,415,000円4,983,000円
一人親1,797,000円3,018,000円3,788,000円4,415,000円4,832,000円5,412,000円

合計所得金額/事業所得等(年間)

世帯人数1人2人3人4人5人6人
一  般1,078,000円1,722,000円2,160,000円2,551,000円2,992,000円3,446,000円
一人親1,078,000円1,933,000円2,850,000円2,992,000円3,325,000円3,789,000円

チャレンジ支援申請に必要な書類

必要な書類を揃えないと申請はできません。

共通して必要になるものは以下の通りです。

①借入申込書
②身分証明書
③子どもの在学証明書
④住民票
⑤通帳
⑥借入申込者の課税証明書
⑦印鑑登録証明書
⑧学習塾等受講料貸付金
⑨資金使途明記の書類

⑧⑨の書類は通っている塾に書類を記入してもらいます。

書類は役所の窓口で貰うことができます。

チャレンジ支援の手続きの流れ

手続きをする流れはどこも同じです。

書類を揃えるのは大変ですが、金額が手元に来るまで2週間程度かかるので早めに申請しましょう。

STEP1 区市町村窓口

身近な窓口に相談しにいきます。

まず最初に、住んでいる区市町村の窓口に行きます。

窓口で世帯の生活状況を聞かれ、対象者かの確認がされます。

STEP2 貸付申請

申込み書類の作成をします。

対象者である確認が取れると、貸付金の種類に応じた必要書類を用意するように指示されます。

借入申込書を記入して区市町村窓口へ提出して下さい。

この時の必要書類は、相談内容によって追加される場合があります。

STEP3 審査

借入のための手続きに入ります。

申込み関係書類をもとに東京都社会福祉協議会で審査を行われます。

審査が問題なければ、借入申込者および連帯保証人宛に審査結果通知が郵送されるので、審査結果を待ちます。

STEP4 借用書の記入

審査に通り借用書を受け取ったら記入します。

借用書に借受人・連帯保証人の自筆署名・押印をして、必要書類といっしょに区市町村窓口に提出しましょう。

資金使途の確認のためにも、2週間以内に領収書を区市町村窓口に提出してください。

STEP5 貸付交付

書類の手続きが終われば、貸付金が借受人本人の口座に送金されます。

借用書提出から貸付交付まではだいたい2週間から3週間程かかります。

塾に頼むときに

費用の用途を記入する用紙は役所で貰えます。

この用紙の書き方が書いてあるサンプルももらえるので、その書類ごと塾の先生に渡しましょう。

慣れている人であれば渡した当日か翌日には記入して返却してくれます。

まとめ

塾に通っていれば基本的に20万円を超える金額になります。

もし足りなくても、無利子で20万円まで利用できるのであれば余らせてしまうのはもったいないです。

塾の授業回数や教材の購入などで、20万円を100円でも超えるようにして使い切りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です